記

記事詳細

舩井幸雄先生の思い出19

2017/06/23/(金)

 「思いは実現する」

 

 武道に於いて、思いの力は気を動かし、武道の真の強さを生み出してくれることは私の確信です。では、病気を治すことにおいて「思いは実現」するという舩井先生の人生における一番大切な定理をどう実現したらよいのでしょう。舩井先生に教えてもらった極意は「本質生命体に頼めばいいんだよ」でした。本質生命体とは、創造主の一部が人間の中に入った生命体とのことです。そして人間はこの本質生命体を成長させるために肉体を持ち、意志、感情、知性を動かして様々な課題や困難を越えて学んでいく、それが人生学校と言われます。病気を治すためなら神だのみ以外は何でもやってやると心に決めていた私に、「神だのみをしたくなくても、自分の本質生命体に頼むならやってもいいんじゃない」と先生はいわれました。「本質生命体に頼む、本質生命体に頼む…」それまで聞いたこともないまるで雲をつかむような方法ですが、素直にやってみることが大切です。「私の本質生命体にお願い申し上げます。私の『病状』をつくっている全ての原因を消していただき、体の反応を正常化して健康にしていただきました。ありがとうございます。」というような頼み方でよいそうです。「素直に」「素直に」「素直に」がコツのようです。どこまで「素直」になれるかがためされるかもしれません。何%の有効率ですかとか、どんな病状まで治せますかとか、あなたは何回やりましたかとか、どんなメカニズムでそのような呪文が有効を生じるのですかなどなど疑問が生じると思います。当たり前です。しかし自分のもっている知的能力で解析できない、また認識もできない現象がこの世の中に存在することも当たり前です。それを認めても今まで学び築いてきた認識の力が壊れることはありません。むしろ柔軟かつ強靭な知的能力が成長していくのではなかろうかと思うのです。舩井先生に親しく接した時を振り返るとそう思えるのです。