記

記事詳細

舩井幸雄先生の思い出21

2017/06/26/(月)

 「思いは実現する」そのコツは

 ー存修靴燭い海箸鬚任るだけ具体的にイメージ化する。

 △修離ぅ瓠璽顕修靴燭海箸実現すると確信する。

 Iず実現すると思い続ける。

 い修譴実現した場合を想定して感謝する。

 イ修了廚い強ければ強いほど、簡単に実現する。


 このコツは今ではほとんど完全に納得していますが、患者さんに教えて実行してもらうとなると、なかなか難しいものがあります。それは、検査、手術、抗癌剤、放射線、症状を制御する治療に終始していると、自分自身に内在する治癒力に対する思いを持つチャンスがないからです。それよりさらに、治療の副作用が強いと気力の低下そして無力感さえ生じてきます。このような患者さんに 銑イ瞭睛討鮴發い討發覆なか入っていかないものです。このような患者さんに何とか「思いの力」を知ってもらう目的で、Y.H.C.矢山クリニックでは、気功、笑いヨガ、カウンセリング、絵手紙教室、自然食勉強会、コンサートなどを行っています。これにより気力を回復していく方もおられますが、全員ではありません。意識の変容をサポートすることの難しさを痛感しています。

 

「思いは実現する」


言葉はシンプルですが、人間の思考の根本、人生観まで含んだ舩井先生の大切な大切な教えとしてこれからも考え実践していこうと思っているところです。


 次に、世の中で起きることは全て必然、必要であり、ベストのことしか起こらないようになっている。

 について考えてみたいと思います。この言葉を聞いた時に、「そんなー、むちゃくちゃなー、とても認められない」という感情が湧いてきたことを思い出します。読者の皆様はいかがですか。