安らぎの空間で、心から患者様を元気にするそんな院長の想いが込められた病室です。

変形のデザインがユニークな病室。病室は19床あり、全室個室でトイレ付き。10室にはユニットバスが付いています。病む人には、体にやさしい環境が何よりも大切という考えでクリ材のフローリングと珪藻土の壁が使われています。ベッドには電磁ノイズを吸収する快気眠シートが備え付けられており、よく眠れるとの患者さんにも好評です。

病室の特徴

病室の様子

病室の特徴

ベッド

全てのベッドに快気眠シートを取り付けています。快気眠シートには、身体に浴びた電磁波や不快な電気を寝ている時にアースしてくれるように作られています。不快なノイズをゼロ化することで森林浴をしているような気持ちのよい空間ができます。寝ているときが身体を回復する大切な時間です。

ベッド
トイレ・ユニットバス

Y.H.C.矢山クリニックの病室は、全室個室でその全てにトイレが付いています。さらに19床の内10室にユニットバスが備え付けられております。

トイレ・ユニットバス
ユニークな病室

部屋ごとに外の見える景色がそれぞれ違います。すべて木造で壁には珪藻土(けいそうど)を使用しており、化学物質の吸収や湿度の調整が自然に行われ、アレルギー疾患の方にも大変やさしい環境となっております。

ユニークな病室