記

2015年の記事

人はなぜがんになるのだろう どうすれば治るのだろう まず基本方針を知ろう 2

2015/12/26/(土)

(前回の続き)ドクターBR「遺伝子は自らの傷を修復する働きを持っています。修復しきれずに細胞ががん化した時には、免疫監視機構が働いて、がん細胞を殺していると言われています」患者「がんにならない仕組みが体の中にあるのですね。それなのになぜ癌ができてくるのですか」...

詳細はこちら>>

人はなぜがんになるのだろう どうすれば治るのだろう まず基本方針を知ろう 1

2015/12/24/(木)

(「統合医療でがんに克つ2016年1月号」掲載記事より)バイオレゾナンス医学会は、現在約100名の歯科医師、医師が中心となり、日々活動しています。例年全国大会と九州大会を各1回開催しており、2015年は7月5日に東京・大手町の日経ホールで第6回全国大会を開催し、10月...

詳細はこちら>>

ヨーロッパセミナーで考えたこと

2015/09/05/(土)

ブログも少し夏休みをいただいていました。今回より和歌に気持ちをこめて書いていきます。「神ありや、なしやと悩むときもありそを見極めるアタマ持ちたし」「迷いこそ努力のあかし真剣に生きる人みな迷うものなり」クリニックのお盆休みを使って、スペインに気功セミナーのため一...

詳細はこちら>>

自律神経、副腎そして免疫力を活性化する冷水浴

2015/08/06/(木)

背骨を鍛えることは、背髄‐脳幹を活性化し、さらに全脳を活性化します。これが武道、とくに合気道の体に与えるよい効果です。今回は冷水浴によって、自律神経、副腎そして免疫力を活性化する方法をお伝えしましょう。1.入浴して体を十分に温める。2.シャワーで冷水を出して、足...

詳細はこちら>>

5月23日のブログに続いて、背骨訓練の続き

2015/07/30/(木)

 背骨について。デンデン太鼓のように両脇をゆっくり振って体の中心(センター)を心の目で見る訓練を続けていると体軸センターの認識が育ってきます。例えば体を前後、左右に移動するときにまずセンターが少し移動し、次に股関節に体重が移動し、それから足が運ばれて体が移...

詳細はこちら>>